一覧に戻る

一戸建て住宅のシンボルツリーにおすすめの樹木には何がありますか?

シンボルツリーはその家のシンボル、顔ともいえる大切な木です。

シンボルツリーにはどんな木がいいの?

家の玄関や庭に植えるシンボルツリーは、その家の顔ともいえる大切な存在です。もちろん木の種類に決まりはないので、好きな種類の木があるのであれば、それを植えてもかまいません。そうでない場合は、植える場所や家、家族のイメージに合った木を植えるのが良いでしょう。一年中緑の葉を茂らせる常緑樹を植える場合もあれば、秋は紅葉し冬には葉を落とす落葉樹を選ぶ場合もあります。

常緑樹と落葉樹

常緑樹は一年中緑の葉が茂る木です。一年を通して同じ景観になるので、見た目の点で家のシンボルとしやすいのが魅力です。また、玄関脇などに植える場合は、目隠しにもなるので、その点でも葉が落ちないというのはメリットになるでしょう。

一方、リビングに面した庭などに植える場合は、落葉樹にすれば、夏は生い茂った葉が日差しを遮り、冬は葉が落ちて暖かいひだまりを作ってくれます。植える場所によっても、選ぶ木は違ってくるのです。

シンボルツリーにおすすめの樹木

オリーブ

常緑樹のシンボルツリーの代表格ともいうべき樹木です。日当たりの良い場所に植えれば、乾燥や虫にも強いので手入れなどの必要もほとんどありません。大きく成長するので、それだけのスペースを用意しておく必要はありますが、落ち着きのあるさわやかな色合いと大きく育ちながらも風に揺れる軽やかさは、シンボルツリーには最適でしょう。洋風の家によく似合う樹木です。

季節感を味わいたい人には桜を植えるのもおすすめです。シンボルツリーは家族がそこで暮らしていく年月をともにするものです。子供の入学や卒業など、節目の時に花を咲かせる桜の木は、家族の思い出の象徴にもなります。落葉樹で葉も花も落ちるので掃除は必要ですが、育てば家でお花見ができるので素敵でしょう。

常緑ヤマボウシ

別名ホンコンエンシスとも呼ばれる常緑ヤマボウシは、鮮やかな緑が印象的な常緑樹です。やや寒さには弱いのですが、冷たい風が当たらない場所に植えればそれほど手入れの必要もなく元気に育ちます。5月から7月には白い花をつけるので、花も楽しめる樹木です。

まとめ

その家で家族とともに成長し、帰宅した時には出迎えてくれるシンボルツリーには、オリーブや桜、常緑ヤマボウシなどがよく植えられます。特に決まりがあるわけではないので、その土地の気候や日当たり、成長の具合、家族の好みなどを考えながら決めるとよいでしょう。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧へ

次へ